鈴林です。 姉はヤンママ授乳中in実家1話のネタバレと感想です。
これ、一時期ネットの広告でたくさん見たやつ~~~!
そしてあたしは広告見て、 姉はヤンママ授乳中in実家を読んだ派です。これの広告って攻めてるよね…!w
1話は、割と控えめ? だけど1話読んでた方が2話面白いと思う。

姉はヤンママ授乳中in実家 ネタバレ 1話 何なら飲んでみる?アタシのおっぱい 晩酌中に酔った勢いで俺と姉貴は…

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 1話 ネタバレ

「うっそ! もう昼かよ! やべー…寝すぎた…。」

部屋の時計と昇りきった太陽の光を見て、もう昼になってしまったことを知る。

佐野拓也(さの たくや)、大学2年生で実家暮らし。

就活はまだ先のことで、家賃の支払いに困ることもなく気ままな学生生活を送っていた。

 

しかし最近拓也には一つ悩みがあった。

 

「タク~♪ いいとこに来た!

今日大学ないの? じゃあコンビニでコーラ買ってきてよ」

 

ソファに寝転がりながら子供に授乳中の姉、アイカ(25)が拓也に向かって話しかける。

アイカはおっぱいを隠そうともせず、

そのままにして下もTバックのまま丸出しだった。

 

「はぁ~? 俺パシリじゃないし。自分で行けよ…」

 

と言いつつ、姉アイカのおっぱいをチラ見する。

 

アイカは体を起こし、座って授乳していた。

ちゅっ ちゅっ

赤ちゃんがアイカのおっぱいを吸っている。

 

「いや~、おっぱいあげてたら喉乾いちゃってさ…。」

 

(うわ…でっか…)

 

「あ~今おっぱい見たでしょ~?

あんたも飲むぅ? なんつってw」

「ば、ばーか!

誰が姉貴みたいなヤンキー女のおっぱい飲むかよ…!」

 

「あぁ!?」

 

拓也の姉、アイカは元ヤン同士で結婚し家を出たが、

先日2人目の子供を出産。子育てのためにしばらくの間実家に里帰りしていた。

 

しかし、これが拓也にとってなかなか頭の痛い問題となっていた。

 

ばたばたばた!

「待てコラーーーー! ちゃんと服を着ろーーー!!」

 

そう言って、裸の子供を追いかけてアイカはパンツしか履いていない、

ほぼ裸の恰好で廊下を走る。

大きいおっぱいは、ぶるんぶるん揺れていた。

 

毎日この調子である。

アイカは昔からガサツなところがあったが、子供を産んでから更にそれが増したような気がしていた。

しかし…今のアイカは、拓也にとって昔の姉とは少し違うように感じていた。

人妻の魅力、というものなのか…。

妙な色気が出てきたように感じていた。

 

おっぱいを隠さずに子供の頭を拭く姉を見たまま、色々考えてしまったことに拓也は気づく。

 

(俺は、自分の姉貴に何考えてるんだ…!

彼女と別れてから3か月。いくら女に飢えてるといったって…。自分が情けない。)

 

「姉貴も服着ろよ」

アイカの方を見ずに注意する。

 

「あっ」

アイカは言われるまで気づいていないようだった。

 

 

数日後。

飲み会帰りの拓也は、遅い時間に我が家に帰る。

 

(まだ誰か起きてるのか…)

いつもなら既に就寝済みの時間だが、居間からは光が漏れている。

 

中に入ると、姉のアイカがTシャツに下はパンツだけ、

という格好でぼ酒を飲んでいるようだった。

 

「あ…姉貴!?」

「ひっく あ~タクじゃん。おかえりぃ~♡」

 

「いいのかよ酒なんて飲んで…」

既に何本か飲んでいるようで、空き缶が転がっていた。

 

「だいじょーぶだって!

ミルクだってあるし、離乳食始めてるし…

たまには休憩しないと、おっぱいもくたびれちゃうもんね~」

 

そう言いながら手を上にあげる。

ノーブラなのか、大きなおっぱいがぷるん、と揺れた。

 

それを見てドキっとしてしまう拓也。

 

「ふ、ふーん、まぁほどほどにしとけよな」

そう言って自分の部屋に戻ろうとすると…

 

「あっ! ちょっとぉ!

なによぉ~一杯くらい付き合ってくれてもいいじゃ~~ん」

 

と言いながら、アイカは立ち上がり拓也を止める。

 

「ええ~…俺もう散々飲んできたんだけど…」

「うっさい」

そう言って、肩を掴まれ拓也はまた飲むことになってしまった。

 

焼き鳥をつまみに姉弟で飲み始める。

 

「いやぁ~やっぱ久々に飲む酒はうまいわぁ~。

こーいう時やっぱ実家いいなって思おうよね~」

「ったくいつまでいる気だよ。大輔さんかわいそうだろ」

 

「なによ、ちょっとアンタ冷たくない?

昔はお姉ちゃんっ子だったのにぃ~」

そう言って拓也のほっぺたをつつくアイカ。

 

「うっせぇ。

大体姉貴はちょっとだらしなさすぎるんだよ。

いっつもノーブラだし、所かまわず授乳するし…。

若い男が一緒に暮らしてるんだぜ? 少しは気を使ってくれよな…」

 

酔っているせいか思っていたことを話してしまう拓也。

 

「はっ! 男? 男って誰?

もしかしてアンタ?

プッ あはは…! いやいやアンタを男扱いとか無いわ~。

あたしにとってはアンタなんて息子たちとそんな変わらないし。

なんなら飲んでみる? あたしのおっぱい」



笑いながらそう聞いてくるアイカ。

 

「なーんちゃって、あはは…」

「……飲む…」

 

「…は?」

 

「飲んでやるよ…姉貴のおっぱい」

 

酔いのせいなのか、拓也はアイカの冗談交じりの問いに答える。

 

アイカも久々の酒で相当酔っているのか、

拓也に向かっておっぱいを見せる。

 

アイカ(うわ…めっちゃ見てる…)

 

アイカはソファでおっぱいを見せ、

拓也はその前で四つん這いになるようにして、じっと姉のおっぱいを見ていた。

 

「あ…あのさ…アンタ、マジで飲むつもり?」

 

「これが姉貴の…授乳中の母親のおっぱいか。

乳輪デカくね?」

「うるさいな! 授乳中はそういうものなんだよ!

ってか見すぎ! 鼻息くすぐったいし!

もぉ~アンタどんだけ興奮してんのよ…」

 

アイカの言葉をほぼ無視して、拓也は姉の乳首をいじりだす。

 

くり♡ くり♡

 

「はっ はっ あっ♡

こ、こら…なに勝手に触ってんだよ!」

「別にいいだろ?

姉貴は俺のこと男として見てないって言ってたじゃん。」

 

「そ、そりゃあそうだけど…

あん♡」

「あれ~? 今ちょっと感じたんじゃないの?」

 

「ね、ねーし!」

 

くり♡ くり♡

「ふーん…あっそ…」

 

「んっ…♡

あ…ちょ…っ やば…♡」

 

コリコリ

 

「おっすげえ、なんかちょっと出てきた。

乳首コリコリじゃん!

えっ? ホントに感じてないの?」

 

「ん……♡♡

あっ♡ はっ♡

うぅ…♡

ね、ねぇもういいでしょ。てかやっぱ飲むのはちょっと…」

 

「なんだよ姉貴ビビッてんのかよ」

「ビビッ…? そ、そんなわけねぇだろ!」

 

言い合いをしつつも、乳首をいじるのはやめない拓也。

 

コリコリ

「へーそうか~ビビッてないんだ~。

じゃあマジで吸うぞ?」

「はぁっ はぁっ

お、おぉ…っ来いよ…!」

 

ちゅっ ちゅうっ

 

「あんっ♡

ちょぉぉ…♡

アンタそれ強く吸いすぎ…っ♡ ていうかマジで飲んでるの?」

 

んぐっんぐっ

 

「夢中かよ!!

えーこれそんなに美味いの?

昔ダンナに舐めさせた時はマズイって言ってたけどなぁ」

 

ぢゅっぢゅっ

 

「んんっ♡

こ、こら! だから♡

激しすぎって…♡ まだ飲むつもりかよぉ…。

うっ♡ あぅ♡ んんっ♡

もぉぉ…あんたホンット嘘でしょぉぉぉ…。

まぁお酒飲んじゃったから、ユースケに飲ませらんないしいいけどさぁ…」

 

ちゅうっ ちゅっ

 

「…んっ♡ んっ♡

ふっふっ」(こうしてるとホントに赤ん坊みたいだな…)

 

(こ、こいつ…けっこう吸うの…♡

うまいかも…っ♡)

 

「ぅうんっ♡」

(や、やば…! あーどーしよ♡

マジでこれ♡ 感じてきちゃった…♡)

 

ぢゅうううううっ

 

「あ゛ あ゛ あ゛ あ゛っ♡

うっ♡ う゛っ♡ ん~~~~~っ♡」

 

んぐっ ごくっ ごぐっ

 

「はぁっはぁっは~~~~…」

「…姉貴…いまイった…?」

 

「そ、そんなわけねーし…っ

てかアンタこそ、それ何なのよ」

「え? …あ」

 

拓也はアイカに言われるまで、自分が勃起していることに気づかなかったようだった。

「姉のおっぱい飲んでチ〇ポおっ立てるとかねーわ…。

どんだけヘンタイなんだっつーの」

「い、いやこれは…」

 

「はーー…ねぇアンタさぁ…」

「な、なに」

 

「ん…ちょっとそれ見せてみなよ」

「見せろって何言って… えぇぇ!?

あ、姉貴…! さすがにコレはちょっとヤバイって!

そっちの和室でおふくろ達寝てるんだぞ」

 

拓也はソファに座り、勃起したチ〇コを外に出していた。

むわっと湿気が漂う。

 

アイカは開いた拓也の足の間に入り、

おっぱいを出したまま口を近づけニヤニヤしていた。

 

「なんだよ、ビビッてんのかよ?

やられっぱなしじゃムカつくし、たっぷり仕返ししてやんよ♡」

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 1話 感想

1話目の序盤からめっちゃおっぱい出てくる~~~~! どんだけ出てくんの!w
というか、このネタバレを書いていて改めてお姉ちゃんの名前を知るという。

主人公の拓也は、これからもずっと「姉貴」と呼び続けるから名前を忘れちゃうんだよね…w
実際にお姉ちゃんがいる人は、「こんなことにならねぇよ」って思うんだろうけど…まぁ漫画なんで。お姉ちゃん爆乳だし。

子供がおっぱいに騒がないのは、アレかな。見慣れてるからかな。これが普通だと思っているだろうから、これから別の女の人付き合うの大変ですよね←

拓也も…女がいないからって姉貴に欲情するって…! と思うけど、しょっちゅう裸を見させられて、ヌけないってんならそうなんだろうか。

おっぱい舐められて、感じてるけど変に強がって我慢しているというシチュエーションが良いよね。こーいうの好き。
快楽に正直になるのもいいけど、我慢を挟んで欲しい派!w

お母さんたちが近くの部屋で寝てるのに、お姉ちゃんのアイカめっちゃ声出してたけど…普通起きちゃうんじゃ…?
と思うけど、起きてこないから安心してくれ。

起きてくるとまた話変わっちゃうからねw

姉はヤンママ授乳中in実家 を読むならココだけ!

姉はヤンママ授乳中in実家 は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす!

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事