電車でスヤスヤ眠る子に_R

鈴林です。電車でスヤスヤ眠る子に4話、女性視点の方の感想とネタバレです。
ひとまずこの話で女性視点とか男性視点は終わり。これ以降は一応「後日談」ってことで、どちらかの視点ではなくなる。

やっぱり女性視点の方がエロさが増しているように思えるんだよね…。作者さんが女性の方らしいから、女性ならではの切り口のエロ漫画、ってネットで見た!w

電車でスヤスヤ眠る子に ネタバレ 4話 女性視点 「わかった。続けよう」私、自分から誘っちゃった



→電車でスヤスヤ眠る子にを読んでみる!←

電車でスヤスヤ眠る子に 4話 女性視点 ネタバレ

【女性視点】
3日後、私は普段通り電車に乗り目を閉じていた。

(今日は痴漢の人乗ってるのかな…?

乗ってたとしても、前みたいに大胆なことさすがにもうしてもらえないのかな…

それでいいのかも。あんなこともうするべきじゃない。

 

でも、それでもちょっと期待しちゃうの…♡

普通の子なら最悪の初体験なのに私にとっては…♡♡)

 

処女喪失したときのことを思い出していると、不意に太ももを触られる。

 

さすさすさすっ

 

「…っ!!」

 

(いつの間に傍に来てたの!?

また、痴漢されちゃうんだ…! 今日はどんなことされちゃうんだろう…?)

 

太ももを触っていた手は、パンツの上に移動した。

そのままパンツの上からクリトリスをこすり始める。

 

こすっ こすっ こすっ

 

「ふっ♡ …っ」

(またっ1番敏感なところ♡ 責められちゃってる…!

そこ♡ ピンポイントにコリコリされると、おま〇こきゅうきゅうしちゃって

るよぉ…)

 

男の指がパンツの中にするりと入って、直接いじってくる。

 

にちゅ にちゅ にちゅ

 

「…っ!」

(指っ、入ってきて…っクリトリス直接責められちゃってる…っ♡)

 

「んっ♡ っ♡」

(また濡れてるのバレちゃう…!

えっちな子だってバレちゃうよぉ…!!)

 

 

にちゅ♡ にちゅ♡ にちゅ♡ にちゅ♡

 

「…んっ♡ ふ♡ ふ♡ っ♡」

(だめなのそれ。気持ちよくって♡

クリトリス熱くなってきてぇ♡

なにも考えられなくなっちゃうの♡♡)

 

 

「-----っ♡♡

ふ♡ …んっ♡」

(くちゅっくちゅ音っ♡

漏れちゃってる♡)

 

にちゅ♡ にちゅ♡

にちゅ♡ にちゅ♡

 

(クリトリスいいの♡♡

またイキそうになっちゃってる♡

他人の手でイキそうになっちゃってるぅ♡♡)

 

「ふ♡ ふっ♡」

(どうしよう、イッたら絶対ばれちゃう。

だってイクと♡

身体びくんってしちゃ…♡♡)

 

電車が駅で停まり、老夫婦が乗ってきた。

気持ちよかったのにこんな時に限って、乗客が同じ車両に乗ってきた。

 

男がそれに気づいて隣の席にサッと座る。

 

(普段は全然乗客いないのに…っ)

 

老夫婦が前の方に座ろうと話しているのが聞こえる。

 

(もうすぐでイケそうだったのに、それどころじゃなくなっちゃった…

大丈夫かな。服乱れてたりしないよね…?

近づいてくる…っ)

 

ドキドキしていたが、老夫婦は男や自分のことは気にせずに席に着いたようだった。

 

(よかったぁ…! 気づかれなかった。

痴漢されてるなんて気づかれたら、恥ずかしくて生きていけないもん…)

 

目を開けて、男の方を見てみる。

目が合ってしまった。

 

「? …っ」

(あれ…? 目、合っちゃった…!

寝たふりしてたの気づかれちゃった…!!)

 

「あ…あ…」

(こんな人だったんだ。もっとオジサン想像してたのに…

思ったより若い人で、すっごい普通の人…!

こんな普通の人が寝てる私を見て、レイプしちゃうんだ…っ

どうしよう 何か、言わなきゃ。何か言ってごまかして…)

 

「…っ やめないで…」

「…っ」

 

「!!」

(わっわたし、何言って…!)

 

「わかった、続けよう?」

「!」

 

 

促されるまま、座席に隠れて男の上に跨る。

 

(私、自分から誘っちゃった…っ

同じ車両に人がいるのわかってるのに…止められないの…っ)

 

男がチ〇コを入れようと、自分のおま〇こをなぞる。

 

「ふっ♡ ふっ♡ はっ」

(えっち♡ したくてたまらなくて…っ)

 

ぐりゅ♡

 

「はっ♡ う♡」

(挿る♡ 挿っちゃう…♡

また太いおち〇ちん、私の中に押し入ってきて…っ)

 

「はっ はっ はっ ふ」

(わたしまだ2回目なのに、するって挿っちゃったぁ…♡♡)

 

「はっ はっ」

(でもまだやっぱりキツくて…っ

動くの怖いくらいおま〇こ広がっちゃってるの)

 

「ふ、い…!!」

(いっぱい濡れてるのに痛くて…っ)

 

「はっ♡」

(わたし、自分からまたがって受け入れちゃったりして、ちょおえっちなこと

しちゃってる…♡♡

痛いのイヤだけど…っめちゃくちゃにしてほしいの…)

 

「服、脱がすね」とぼそっと言って、男がカーディガンのボタンを外し始める。

 

「…ふっ♡ ん♡」

 

ずにゅ ずっ♡ ずぷずぷ

 

(おち〇ちん♡

わたしのナカゆっくり往復してる。

動いても初めてのときみたいな怖さ、ないかも♡)

 

「はっ はっ ふ、あ♡」

(目の前に男の人いるのにっ

おっぱい丸見えになっちゃってるの

恥ずかしいのに全身ぞわぞわしてっ♡)

 

おっぱいを揉まれて、身体がビクッとする。

 

「はっ」

(痛くてキツイのに…っ)

 

「ふっ♡ -----っ♡ はっ」

 

たちゅ たちゅ たちゅ

ずちゅ ずっ♡ ずっ♡ ずっ♡

 

(犯されてるの強く感じられるの、

レイプされてる感じがして好きなの…っ♡♡)

 

 

ずぷ♡ ずぷ♡

 

「う♡ は♡ は♡」

 

(おま〇こ♡

限界まで広がって、前よりも深くおち〇ちん挿って来ちゃってる♡

クリトリスじんじん疼いて♡ こんなのガマンできないよぉ♡♡)

 

セックス中だが、つながったままオナニーを始める。

 

くり♡ くり♡ くり♡ くり♡ くり♡

ずぷ♡ ずっ♡ ずにゅ♡

 

「っ♡ はっ♡ あ♡ ♡ ♡ あ♡」

(驚いた顔してる…っ

見られてるのにわたしオナニーしちゃってる♡

こんなの♡ 絶対見られたくないのに、でも、どうしても我慢できないの。)

 

ずっ♡ ずにゅ ずぷ♡

くり♡ くり♡ くり♡ くり♡ くり♡

 

(だってついさっきまで、

指でコリコリ触られて気持ちよかったのにイク寸前でやめちゃうんだもん)

 

「っ♡ はっ♡ あぁっ♡」

(そんなっ焦らされたら♡ 誰だってこうなっちゃうもん…)

 

「ふっ♡ あ♡ は♡ あ♡」

(おち〇ちん♡ にゅこにゅこされながらクリ触るの♡

キモチイイよぉ♡

おま〇こキツイのに、それなのに…っ

その感触に興奮して、クリトリス今までで1番敏感になっちゃってるの♡♡)

 

 

(ナカぎゅうぎゅう締まってる♡♡)

「ぁ♡ っ♡ んんっ♡ -----っ!!!♡♡♡」

 

(おち〇ちん締め付けてるの、自分でもわかっちゃうくらい…!)

快感の余韻を楽しむ間もなく、押し倒され激しく腰を振られる。

ぐちゅ♡ ぐっ♡

 

(急に動き早くなって…っすごいっ

えっちな動画みたいに犯されちゃってる!)

 

「あ♡ ふぁっ♡ っ♡」

(イったばかりのおま〇んこ♡

おち〇ちんでガンガン突かれちゃってるよぉぉ♡)

びゅるっ!!

どくっどぷどぷ♡ びゅぐ♡ びゅる♡♡

 

「あっ…---~~♡」

(動き、止まって…っ

おち〇ちんナカで膨らんでどくどくしてる…っ

わたし、また中出しされちゃってるんだ♡♡)

 

(そうだっここ、電車の中っ

夢中になって忘れてた…っ乗ってる人いるのに…!)

 

「っ♡ ふ♡」

 

遠くから話し声のようなものが聞こえる。

こちらには気づいていない…ようだった。

 

(気づいてない…?)

 

「よかったぁ…」

「…っ」

 

「あっあのっ違うんです、その…」

説明しようとすると「静かに」と遮られる。

 

チ〇コを抜くと、どろっと精子が流れる。

 

「…とりあえずアドレス交換しよっか?」

「…はい」



→電車でスヤスヤ眠る子にを読んでみる!←

電車でスヤスヤ眠る子に 4話 女性視点 感想

電車の中でセックスはしているけど…いつも人が乗ってこないくらいだから田舎だし、田舎だったら山道とかもあるだろうからずっと静かな車内ってわけでもないのかな?

揺れたりすることもあるだろうし…走っている時の音も割とするだろうから…だから喘ぎ声とか聞こえないのかも!w
女の子も結構声抑えてるし。イってる時の声は聞こえてるかもしれないけど、だからってわざわざ様子見に来るほどのもんでもないしね。

てっきり物足りなくてオナニー始めたのかと思ったけど、とりあえずイキたかったのかなw
2回目のセックスなのに、もうオナニー始めちゃうなんて高レベルだわ。

男性視点を見ていると「まだ慣れてないんだ」ってのがわかるけど、女性視点を見ると女の子は「2回目なのにするっと入っちゃった」って言ってるし…慣れてる認識が違うよね。

きっと女の子が本当のことを知ったら恥ずかしくなるやつw
普通はアドレス交換が先だろうに…中出しした後にアドレス交換だからね。逆だぜ逆!
しかしそこがいいw

電車でスヤスヤ眠る子に を読むならココだけ!

電車でスヤスヤ眠る子に は、BookLive!コミック(ブッコミ!)1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす!

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事