ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして_R

鈴林です。ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして、3話のネタバレと感想です。

この3話でやっとイチャイチャエッチみたいな展開になってくる。ここまで読んだからこそ、仲の良さを感じるように…なっているんじゃないかな?

3話目からやっと幸せそうなモードに突入。

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして ネタバレ 3話 温もりを知らない少女とお風呂で暖めあった夜



→ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてを読んでみる!←

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話 ネタバレ

ナナとセックスしてしまった翌日。

朝ごはんに焼き魚とご飯、そしてお味噌汁をふるまう。

 

「魚なんて久しぶりに食べた。

おいしい」

 

「それはよかった!」

 

「本当はあなたの朝ごはんなんでしょ。」

「そういうのは気にしないで良いから。俺は会社行ってくるからさ。

その間家にいていいから、このあとどうするか考えててよ。夜には帰ってくるから。」

 

「もう決めた。」

「…そうなの?」

 

「しばらくこの家に置いといてほしいの。警察にもおやのところにも行きたくないから…」

 

「え…?」

 

「しばらくでいいの。その代わり何かできることはやっておくから。

あなたがもし良ければ…だけど。」

「そうか…」

 

すまなそうに話すナナ。

 

「まぁ、俺は構わないから…その間に今後のことを一緒に考えよう!

じゃあ行ってくるから。」

「うん」

 

 

正直なところ石川もナナという見知らぬ少女を家に置いて、金品を盗んで逃げてしまうのではないか…という心配はあった。

この手の女の子にはありそうな話だった。

しかし石川が帰宅したとき、ナナはちゃんと家にいた。それも洗濯物や部屋掃除まできちんとされている。

 

石川が帰宅直後にお風呂に入ろうとすると、ナナは一緒に裸になって風呂の中についてきた。

 

お風呂のイスに座り裸になっている石川。ナナも裸になり、スポンジで石川の身体をわしわしと洗う。

 

「別に身体まで洗ってくれなくても…」

「そんなこと言いつつ、本当はやらせるつもりだったんですよね。

住まわせてるんだからこれくらい当然だろって。」

 

「言わないよそんなこと…!」

「しなかったらしないで…心の中で文句言うんだろうし…」

 

「慣れてるけど、そういうの好きじゃないので…」

 

 

「こことかも…」

ナナは石川のチ〇ポをくにくにと触りだした。

 

「ひっ…!」

 

「よく洗わないと…」

「自分でできるってそこくらいは…!」

 

「あなたまた立ってきてる。出したいんですか?

やって欲しいってことですか?」

 

「い…いや…」

 

石川の言葉を無視して、ナナは手で扱き始める。

 

ちゃか ちゃか ちゃか ちゃか

 

「その辺触られたら立つもんだろ…

ぐ…っ」

 

「お風呂だとそのまま出しちゃえるから楽…。

どういう感じで出したいですか? 言ってください。何でもしますので。」

 

「どういう感じって…」

 

ちゃか ちゃか ちゃか ちゃか

 

「……

さっさと出しますよ…」

「うひぃ…っ」

 

ナナは石川の乳首をいじりつつ、扱く手を止めない。

 

ちゅく ちゅく ちゅく ちゅく

カリ カリ カリ カリ

 

「こことか…乳首も…ほら…」

「があ…っ!」

 

「そんなに気持ちいいんですか

爪とか立てたり」

 

「待て…待て…っ」

 

「もう出そうなんですか? もっと早く擦りますか?」

乳首をいじりつつ、扱く手を早めるナナ。

 

「ちょっと…ぉあ…っ

出る……っ!!」

「……」

 

「ひ…っ あ…つ!

あ…っ!!

ぐう…っ!!」

 

びゅるるるるっ

 

出した後、ナナは石川のチ〇ポのあたりをシャワーで流した。

 

「良かったですか?」

「え…うん…良かった…!」

 

「それは良かったです…けど」

「…」

 

「まだ触ったら立ちそうな感じですよね」

 

「いや本当…今日はもういいから…!」

「いえやりますよ。やります

心中文句言われるの嫌なので。

セーシが空になるまででも。」

 

「…それで君の気が済むのなら…」

 

「じゃあ立って下さい」

 

座る石川の上に重なるように、背面座位の体勢で石川のチ〇ポを入れようとするナナ。

壁に手をついてうまくバランスを取っている。

 

「入れますので…」

「ああ…」

 



意識してやっているのか、ナナのアソコがギュッと締まる。

 

「こんな感じで出すまでやってればいいですか?」

「うん…そんな感じで…」

 

「じゃあしばらくこのままやってます」

「…」

 

「なんですか」

「いや…別に……」

 

石川がナナの腰を抑え、ナナは動き出した。手を頭の上にあげて組み、ゆさゆさと動き出す。

 

ぬちゅっ ぬちゅっ…

 

石川はナナの腰を抑えている。

 

(これは痩せすぎだろう…!

でもなぜかセックス慣れしている感が…一体今までどんな生活を送っていたんだ。

想像できないわけではないが…。)

 

石川が考えごとをしている間もナナは動き続けている。

 

「いつ出すんですか?」

「え…いつ?

じゃあ今…っ」

 

「じゃあ強くしますね…」

 

ナナは締め付けを強くして更に大きく早く動き始める。

 

ずっちゃ ずっちゃ ずっちゃ ずっちゃ

「ふっ… ふっ… ふっ…」

 

「う…っ!!

急に締め付けが強くなったぞ…!

もう…出そう…!!

 

う…っ

出る…っ!!」

 

ドプドプ… ドビュッ

ぐびゅ…っ

 

「あ゛っ…♡

はっ… はっ…

これでいいですか…」

 

「あ、ああ……」

 

「……じゃあ抜きますね」

「ああ…」

 

「まだやりたい姿勢はありますか?」

 

「いや…! もう大丈夫だよ…!

君だってだいぶ息が上がってるじゃないか。」

 

「そうですか…」

 

ことが終わると、ナナは自分も髪と身体を洗いたいと言った。

 

お風呂のイスに座った石川と、その足の間にしゃがんでいるナナ。ナナはシャンプーを出して自分で髪を洗おうとしていた。

 

「髪洗ってあげようと思ったのに…」

「自分でできますから…。恩着せがましくされたくない」

 

「そんなつもりじゃ…」

「あなたはもうお風呂出ていいですよ。

あとは勝手にお風呂場使わせてもらいますので。」

 

「髪だけやるよ。これだけ長いと大変でしょ。」

「しつこいです。それくらい自分でできます。」

 

手を伸ばす石川の手を払いのけるナナ。

「だから…! 自分でやります! 人の手は必要ないです!」

「大丈夫だよ! 悪くしないから。」

 

 

「もう…! だから本当に! 本当に大丈夫だって…!」

 

 

 

結局ナナが根負けし、石川がナナの髪を洗うことになった。

ナナの髪をわしわしと洗う。

 

「そうそう。そうやっておとなしくしてればちゃんとやるから…!」

「……」

 

「良いシャンプー買ったんだから、これで髪がきれいになるはずだよ。」

「こんなので…私が恩を感じるとか思わないでください。

まだ何か狙いがあってこんなことしてくるんですか。」

 

「勝手にやってるだけだよ。むしろしてあげない方が気持ち悪いから。」

 

ナナの髪をシャワーで洗い流してやる。

 

「勝手にやってるだけなら…

別に恩を感じなくていいですね…」

 

「そうそう。勝手にやってるだけ。」

「…」

 

「夜ごはん何食べる?」

「…パスタとか……」



→ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてを読んでみる!←

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 3話 感想

この漫画はエロ漫画のはずなのに…女の子とエッチしているのを楽しむ漫画なのに、妙に男の喘ぎ声が多いw

出てくる喘ぎ声の大半は石川の喘ぎ声w 女の子の喘ぎ声はよくあるけど、男の喘ぎ声って需要あるんだろうか。

気持ちよすぎて声が出ちゃうというのは、男女共通だとしても楽しむ上で男の声があると

邪魔じゃないかな…?

と思ってしまうw 石川の優しさに触れて、ちょーーーっとずつ心を開いていくナナちゃん。この辺のナナちゃんはちょっと心開いてる。

ここからもっと開いてくから、そこがまたかわいい。あと肉付きも良くなるので、見ていて健康的!

ご飯を食べるのは大事!w

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして を読むならココだけ!

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす!

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事