鈴林です。ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして6話のネタバレと感想です。

1話の頃と比べて6話はもう…太っちゃった! ここまで太ってしまったのか! ってくらいに太っているw

人の痩せている姿から太っている姿まで描き分けられる小桜クマネコさんすごい。この6話が一番ムチムチ美女だとは思うw

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして ネタバレ 6話 抱き心地抜群のふっくらボディに育った少女はもっと男を喜ばせたくて



→ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてを読んでみる!←

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 6話 ネタバレ

ナナは大きく脚を広げて寝そべった。

ぽっかり空いたナナの性器の穴にチ〇コをねじ込む。

 

ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ

ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ

 

「はっ… はっ… は…

すごく気持ちいいです…」

 

「それは良かった…!」

 

「…もっと強くしてもいいんですよ。」

「これ以上は…っ」

 

「出ちゃいそうなんですか?」

 

「いや…っ

あ…っ」

 

「いいですよ…っ

出して…っ!」

 

ゴプンッ ドプッ

「おっ… おお…っ

おおっ…!!」

 

「ふーーーーっ ふーーーーっ」

 

びゅくっ びゅくっ びゅくっ

ぐびゅびゅ… ぐびゅびゅ… びゅっ

ゴプ…

 

「おおおお…っ~」

 

「石川さんすごい量出してる。

お腹の中パンパンですよ。

2発目だというのに…すごい量出すんだから…」

 

出し終わった後の石川のチ〇コの先をつまんで話すナナ。

 

「ナナはすごい強いな…」

 

「はっ はっ

……

…私も気持ち良くなりたいです。」

「どうすればいい?」

 

「普通にやってください。勝手にしてますので。」

 

「…入れるよ。」

 

石川がチ〇コを入れると、ナナは自分のクリをいじりだした。

 

ギッ… ギッ…

くちゅくちゅ くり… くり…

 

「はふっ はふっ

いいです。気持ちいいです…。

入れられながらいじるの…」

 

「これくらいの早さでいい?」

 

「うーん…もっと早くても…」

 

ぱちゅっ ぱちゅっ ぱちゅっ ぱちゅっ ぱちゅっ

ぱちゅっ ぱちゅっ ぱちゅっ ぱちゅっ

ぬちゅ ぬちゃ くちゅ… んちゅ…

 

石川は動きを早め、ナナは自身のクリをいじり続ける。

石川の動きに合わせるように、成長したナナの胸も揺れる。

 

「は… はっ… はっ

もっと強くお願いします…っ

もっと…

もっと…っ!

気持ちいいです石川さん…っ

私、気持ちいい…っ

石川さんやってくださいっ

私の…ここ指で…っ」

 

「俺が…!?」

 

ナナは石川にも自分のクリをいじってもらえるようお願いした。

 

ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ

ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ

ぐちゅっ… ぐちゅ… ぐちゃ…

 

動きが激しくなり、更にナナのおっぱいも揺れる。

たぱんっ と音が出るほどに揺れていた。

気持ち良すぎるのか、ナナはもう自分でクリをいじらずに両腕を頭の方に上げていた。

 

「あ゛…♡

はっ あっ…♡

いっ…♡

あ゛…っ♡ あ゛…♡」

 

「おおっ…」

どびゅるるっ

ゴプンッ ゴプンッ

 

「あ゛っ…♡

いっ…♡」

ガクガクとけいれんするナナ。

 

とぷんっ とぷんっ…

 

「はっ… はっ… はっ…

すんごい石川さん… 3回目なのにこんなに出して…」

 

「…さすがにチ〇コが痛い…」

 

「もう1回やったらまだ出そう。

もう1回私は大丈夫ですよ。」

 

「いや…今日は大丈夫だから…!」

「…そうですか。」

 

「…ナナはまだやりたそうだね。」

「……♡」

 

 

ナナは食欲旺盛になっていた。

その理由は…

 

「ご飯のおかわりください!」

「まだおかずいっぱいあるんだよ! それ食べてからにしろって!」

 

「どうせ全部食べるので大丈夫です!

早くっ!

早くおっぱいを大きくしたいんですっ!」

 

たくさんのおかずとおかわりしたご飯をなんとか食べきったナナだが苦しそうに息をしている。

 

「ふーーーっ…ふーーーーっ…」

「だから言ってるのに…」

 

「これくらい大丈夫です…。

早くおっぱいを大きくして…

石川さんのを全部包むのを、やってみたいんですよ。」

 

ナナの熱意、というか圧に押されて石川は断ることもできなかった。

そしてこんな調子の食生活を続けて数か月が経過した。

 

確かにナナの胸は食事の栄養を吸収して大きくなった。

 

かなり大きくなった。

下着のサイズはG、Hにも届くほどになっている。

 

しかし栄養を吸収していたのは胸だけではなかった…。

 

ナナは胸だけでなく、お腹も出てきているし更に足も太くなり…全体的に丸い体型になっていた。

 

「じゃあ今日も私の仕事やりますよっ!」

 

いつもの調子で裸で石川の上に跨るナナ。

 

「うん…あのナナ…」

「なんですか?」

 

「ナナ…だいぶ太ったよなぁ…。」

「そんなことないですよ。

自分の身体は毎日見ているので太ってないことくらいわかりますよ!

石川さんだって毎日見てるはずじゃないですか。」

 

「え…いやそうだけどさ…。」

ナナは丸くなった体型のまま、石川の上で動き始める。

 

ぐちゃっ ぐちゃっ ぐちゃっ ぐちゃっ

ナナが動く度に大きくギシッと揺れるベッド。

 

「どうしましょうか…この姿勢のまま出しちゃいますか?」

「うん…! じゃあそうしようかな…!」

 

「ふう…」

 

ぐちゃっ ぐちゃっ ぐちゃっ ぐちゃっ

ギッ… ギッ… ギシッ ギシィッ

 

「最近ベッドの音がひどいですよね。買いかえた方がいいんじゃ…」

「それはナナの体重が…」

 

「そんなはずないですよ。胸だってちゃんと大きくなってますし。」

 

石川のチ〇コの根本近くを、くりくり…ちゅくちゅく…といじるナナ。

 

「ベッドのギシギシがひどいので手で出しましょうか。

これで中で出したのと同じ感じですね。」

 

「だからそれは…っ

う…っ!!」

 

「はっ… はっ…

石川さんの気持ちいところは全部知ってるんですから。

ここでしょ? ここ?

ここ…!?」

 

びゅるるるるるっ

 

「んっ…♡」

「おおっ…あ゛っ」

ドプッ ドプッ ゴプッ

 

穴からチ〇コを抜くために立ちあがるナナ。それだけでベッドがきしむ。

 

「穴からセーシいっぱい漏れてますね。いっぱい出したんだ…。」

「う… う…っ」

 

「じゃあ次は…あんまり激しいのはベッドがうるさいので他のを…」

「だからナナ…君が太ったんだよ…!

体重が増えてベッドが軋んでるんだ!」

 

「しつこいですね、石川さんも。

そんなに言うなら入れてやっちゃいますよ。

そんなはずはないですから。」

 

「待てって…! 本当にベッドが壊れる…!」

「壊れませんから!」

 

石川の言葉を無視して、もう一度跨ったまま挿入するナナ。

 

ずちゃっ ずちゃっ ぬちゃっ ぬちゃっ

ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ ずちゃっ

ギシッ と揺れるベッド。

 

「うっ… うっ…」

 

「ん゛ふっ…♡

はふっ…♡

ほら大丈夫…っ

大丈夫ですから…っ」

 

「う…っ

うお…っ!!」

 

「良いですよ出して来てください…!!」

 

ぐびゅるるるるっ

ごぷぷっ

ぎゅるっ…

「あ゛っ…♡

ん゛おっ…!!」

 

腰を上げ、チ〇コを抜くナナ。

 

 

「はっ… はっ…

2発目もらいました~…。

ほらベッド大丈夫だったじゃないですか。」

 

「……

でも音がすごい軋んでるから…さ…。」

 

「そんなに言うなら…3発目は違う姿勢でやりますよ」



→ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりましてを読んでみる!←

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 6話 感想

漫画を読んだ人ならもちろんわかると思うけど、ナナめっちゃ太ってる~~~!

ぽっちゃり系が好きな人ならこの6話のセックスはすごいハマるとは思う。ちょうどいい体型、漫画でよく出てくるような体型が良い人なら…そうでもないのかな?

でも最初のあのガリガリからこうなったのかと思えばいいんじゃないかな…とも思えるし。食べればそりゃ人って太るんだよね…と感じさせられるわ。

石川も突然女の子拾って食わせられるし生活させられるんだからすごいよな。毎晩セックスする体力もあるし。エロ漫画だから、といえばそれまでだけど石川もすごいな。

家に帰って毎晩すごいご飯作ってあげるという、この優しさ!!w

ナナの中でも段々とセックスが「気持ち良いもの」になっているところが…良い話風?

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして を読むならココだけ!

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす!

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事