鈴林です。ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?1話のネタバレと適当に感想も書いていきます~。

エロいものでも私は読むんですよね~。というか女でエロ本読んでる人もけっこういるとは思う。エロ漫画読んでても「これは女もターゲットにしてるかな?」ってのが多いし。この漫画の作者さん達のものは、割と女の人でも読みやすいものだとは思う。

チンジャオ娘さんと煙ハクさん。どっちが作画でどっちが絵なのかイマイチわからないんだけど…w この絵って、かわいくもありエロくって良いよね。

つーかこの漫画って、すごく広告で出てくるんだよねw 気になるから買いましたわw

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? ネタバレ 1話もっと大きくしてみよーぜ JK3人にデカチンをおもちゃにされて



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

 

AVにもなってました!w

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 1話 ネタバレ

ガチャン

いつものように、友達の渚、雪子とグループ通話をしながら帰宅したある日。

グループ通話では、雪子が最近「彼氏とのエッチがあまり気持ち良くない」という会話で盛り上がっていた。渚は「早漏じゃね?」というが、単にチ〇コが小さいだけ、というのが結論になった。

雪子が付き合っているのは幼なじみの彼氏。雪子はせっかくエロイ体をしているのだから、もっと色んな男とヤッて経験値を上げた方が良い。

セフレを作れば浮気にならない、と渚が言うと…家のお風呂場から「うぎゃあ!!」という叫び声がする。

気になるのでお風呂場に行ってみると…弟の愛用していたオナホ「さくらちゃん(ふわとろ名器さくらちゃん~淫欲のカズノコ天井~)」が亡くなったところのようで…弟は泣いていた。

 

弟、なおのチ〇コは平均よりもだいぶデカいらしい。

昔はそこまででもなかったが、ここ数年で急激に成長してしまった。しかし身長は伸びていない。大きいチ〇コのために、友達にはからかわれるわ、オナニーをしても手では満たされないのでオナホが必須の毎日だった。

相性抜群のオナホをみつけても、今死んだばかりのオナホ、さくらちゃんのように壊れてしまうことがほとんどだった。

「イく直前にさくらちゃんが…逝ってしまうなんて…」あまりの悔しさに泣いてもいられない。こんなところを姉にみつかったら、一生「オナホブレイカーなお」などとバカにされるに決まっている。

と思っていたら、隣で姉がのぞき込んでいた。

「あ…」

と言っている間にスマホでチ〇コを連射される。

「激写!妖怪オナホ洗い~~!なおくん彼女できてたのなら、お姉ちゃんにも紹介してよぉ~~~」とニヤニヤしながら言われてしまう。

「やめてよ姉ちゃん、写真撮らないでよ!」泣きながらお願いしても全くやめてくれない姉。写真がダメならムービーで撮るね、なんて言いだす始末だった。

 

「ていうか、なおくんチ〇コでかくね?チ〇コでオナホぶち破ったの?」

しみじみと他人に言われると悲しくなってきてしまう…。なおはもう泣くことしかできなかった。

「マジか…! オナホブレイカーじゃん! マジウケる」姉は笑いをなんとかこらえているようだ。「このことは誰にも言わないでね」となおが釘を刺したが…

 

「ねぇ雪子! 渚!ちょっとこれマジで拡散希望なんだけど!ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?」

と言って、なおのチ〇コの写真をLINEのグループに貼って…友達を呼んで1泊2日の女子会なんて開いてしまった。

 

JK3人の前でチ〇コを出して、まじまじと見られる。

「わぁ…おっきい…でもなんだかしょんぼりしちゃってるよ?」黒髪で清楚に見える雪子が、顔を赤くしながら話す。それを見て、黒ギャルの渚が「気合い入れろよ弟く~ん」と挑発するように続く。

姉は、「なおくん、ちゃんと勃たせてよ~。嘘つきにする気~?」と無茶を言う。この状況が恥ずかしすぎてそれどころではなかった。

 

と、言いつつもJKの良い匂いで少しずつ元気になっていくなおのチ〇コ。

ビキ、ビキビキ…

それを見て、JK3人のテンションも少しずつ上がっていく。

姉「これこれ、どうよ?デカいっしょ??(改めて見ると、マジでシャレになんないデカさだな…)」

雪子(うそ!マーくんのってやっぱりちっちゃかったのかな…これの半分くらいしかない…)

渚(なにこれありえなくね? 洋モノ男優級じゃん…!)



渚は苦し紛れと見栄もあって「ははっ 形はまだガキっぽいけど、サイズはまぁまぁじゃん? それでもまだあたしのセフレには敵わないかな~」と言う。

雪子はそんな渚を見て、『そうなの!?』とばかりに驚く。

 

なおは「これはまだマックスじゃないよ?」と付け加える。渚も一度言った手前引けないのか、「そこまで言うなら、もっとおっきくしてみようぜ」と言いだす。

雪子に話を振ると「え!? わ、わたしは…2人が見たいなら…!」と真っ赤になって続けた。雪子はドキドキしながらも見たいようだった。

確かに、なおは「まだマックスじゃない」とは言ったが、どこまで大きくなるかチャレンジする、とは言っていない。姉が勝手にOKしてしまい、なおのチ〇コを大きくしてみるためにJK3人が動いてくれることになってしまった。

 

 

「あう‥‥はわわわ」

むにゅ

「今日は無料にしてあげるけど、ホントは高くつくんんだぞ」

なおは、チ〇コを出したままベッドに座らされ、顔の傍では渚がおっぱいを出して顔に近づけてくれている。姉はなおの後ろで、なおが逃げないようにがっちり抑える役目だった。

 

『な、なんだこの状況!?』

なおがドキドキしている様子を見て、クスクス笑う渚と姉。「雪子もサービスしてあげなよ~」と渚が言うと、雪子は「わたしもやるの!?」と驚いた。

「彼氏に悪いような…」と雪子が申し訳なさそうに言うと、なおのチ〇コを見ながら姉が「こんなの遊びじゃん~。雪子は、ウチの弟のチ〇コを見ておいて何もしてくれないの~?」と煽る。

 

雪子は「そ、そうだよね…」と言いながらスカートをめくり、黒パンツをなおに見せる。

 

「こ、こんな感じでどうかな…?」

「はうぅ!?」(こんな清純そうな人がボクにパンツを見せてる!!)

 

なおは渚のおっぱいが目の前にあるにも関わらず、雪子のパンツに釘付けだった。

雪子のパンツを見て、より勃起するなおのチ〇コ。

雪子(わ…すごい。お腹までくっついちゃいそう…挿れたら…気持ちよさそう…)

 

より勃起したなおのチ〇コを見て姉は楽しそうに笑う。

「雪子~彼氏のと比べてどうよ。これがほんとの巨根ってやつよ。渚はどう? これよりデカいセフレなんて、ホントにいるの~?」

「どうかなぁ~。もっとよく見てみないとわからないし」

そう言って渚は、なおの足の間にしゃがみこみ、なおのチ〇コを掴む。

 

「お姉さん…何を!?」



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 1話 感想

冒頭で早々にオナホが壊れる展開は想像していなかったw オナホはもちろん使ったこと無いし、テンガくらいしか知らないんだけど…。こ、壊れるんだね。もうそこからのスタートだよ。

というかオナホの中身もこの漫画で初めて知ったよ。オナホにメンテナンスがいることも知らなかったよ。水でちゃちゃ~~~っと洗うんじゃダメなんですかね。

なおくんは、ヌく時に全裸になってお風呂場でヌく派なのかぁ…てっきりオナニーって1人で部屋でするものかと思ったんだけど、大きすぎるとお風呂場でもするものなんだろうか。お風呂の時間にするでもなく、昼間? 夕方からやるなんて勇者としか思えない。

そして写真を撮りだすお姉ちゃんも強いw 弟のチ〇コなんて写真撮ってどうするのかw デカいとはいえだからって写真撮ってもどうしようもないでしょw

LINEでチ〇コの写真を送るってのもすごいわ。これはSNS狂いなんだろうかw 全く関係ない気もする。それで…タイトルの「ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?」になるわけだ。

1話は、これから…!? ってとこで終わるのがずるいよね。でも1話はおねショタって感じが強い。1話はおねショタ感を楽しみたい人向けかな?

正直…1話ではチ〇コ挿入しないし、読まなくてもいいっちゃいいんだけど、やっぱり話が繋がった方が楽しいってんなら1話も読むべきだと思うんだよね。

黒ギャル渚の「お…?」って感じとか、雪子のチ〇コに夢中になってる感とか、なおくんの照れてる感じとかは、1話がより強く出ていると思う!

→続きを見に行く!→

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? を読むならコレ!

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事