鈴林です。 ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?3話のネタバレと感想です。
3話は、本格的にセックスしてる! 今までで一番がっつりやってるよ!w
ここから、なお君の伝説は生まれていくんだぜ、と言わんばかりの展開。

ウチの弟、とはいうけどお姉ちゃんの千秋の出番は超少ない。なお君の下敷きになってる状態が続くw

←2話を振り返る!←

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? ネタバレ 3話 ヤバイ!こんなチ〇ポ初めて!黒ギャルと暴走生膣内出しセッ〇ス



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

 

AVにもなってました!w

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 3話 ネタバレ

「あ…んっ! あ…! あっ
だから、じょーだん、だってばぁ…! んっ! まだぜんぜん…半分もっ挿れてないしぃ」

(もっと…もっと奥まで入るぅぅ)
騎乗位のまま、腰を進める渚。

 

ずぷん…!

「ぷあっ…! ん…! あ…! あはっ全部入っちゃったっ」
「あ…あぅ…!」

 

ぐぷぷぷ…

 

渚は、姉の千秋の目の前でなおの童貞を奪ってしまった。
「っておい! 何普通にウチの弟の童貞奪ってんだよ! 早く抜けくそビッチ!」と千秋が渚を怒るが、渚は「あはは」と笑って全く気にしていない。

 

雪子は目の前で行われていることに「は…わわわわ…」と混乱はしているが、繋がっている部分を凝視していた。

 

「変なスイッチ入っちゃって、ついね~。言われなくてもすぐに抜くからそんなに怒ん…
んいっ!?」

ずっぷずっぷ

「い…いやだ…ボクもう我慢できなっい…!」
「あっあっあぅ♡ おっ あぁ♡ ふとっいぃぃ♡ あ♡ あ♡♡」



ぐぽぐっぽぐぽ

 

「はぁ、はぁっお姉さんっなぎさお姉さんっ!」

 

目の前で始まった本当のセックス。

なおのクッションのように背中側にいた姉の千秋が「ちょ、なおくん何マジでサカってんの!やめなって! こら!」
と止めるが止まる気配は無い。

 

ぐっぽぐぽぐぽ となおのチ〇ポが出たり入ったりする音が部屋に響く。

「あはっ♡ んあっ♡」

雪子は「渚ちゃん!? これまずいって…! ど、どうしよう!?」と混乱している。

 

なおの上に跨る渚を下から突き上げ続けるなお。なおは目をつぶって「はぁはぁ」言いながら一心不乱に腰を動かし続ける。

なおの下にいる千秋が「なおくん! あんまろ調子に乗ってると…」と止めようとするが渚となおにはもう、千秋の声は届いていないようだった。

 

「はっはっはっ」

「んっ♡ んんっ♡ だ、だいじょ…ぶ だいじょぶ…だからっ…ぁ!

こんな童貞チ〇ポ…ただ太いだけでっ…大したことないし♡

んあっ♡ あっ♡ 圧迫感は…! すごいっけど…ぉ あと…ちょっと長くっ…て おくまでぇっとどいて…っ

ぐりぐり押し上げてきてぇ…!」

 

ベッドはずっとギシギシと音を出している。なおは、腰を動かすことをやめない。

 

渚のおっぱいは振動でぷるぷる揺れ、つながっている部分からも水音が聞こえる。
渚は本当に感じているようだった。

 

「あ♡ やべ…! これや…いぃ♡♡♡

うあっあぁっ! ヤバっい♡

このチ〇ポすごくいいっ♡ なにこれなにこれぇ!?

テクも無くて…っがむしゃらに突き上げてくるだけなの…にぃ♡

マンコの奥に…っ子宮にぃ…ズンズン響いてるっ♡」

 

「うあっ あぁ!」

「やっ…♡ 腰が勝手に動いちゃう♡ 気持ち良すぎて…あたしのじゃないみたい♡

んあ゛っ♡ あ゛っ♡」

 

そう言って腰を動かす渚。

「こんなの…っ初めて…! こんなチ〇ポ知らないよぉ♡」

「あぁ…お姉さんのマンコ…! 生おマンコ気持ちいい♡ これまでのどのオナホよりも気持ちいいよぉ!
こんなのもう無理…! 渚お姉さんっ…! ぼく…! もう…」

 

「うんっいいよっ♡

一番奥いっぱい出してぇ♡

はっはっはっ」

渚は目がうつろになり、セックスに集中するようになってしまった。

中に出していいという渚に千秋は、
「はぁ!? 良いわけないでしょ! あんたら生でハメてんじゃん! せめて外で出しなさいよ」
と怒る。

 

渚は、ふ~~~っふ~~~っと息をしながら

「あー千秋それ無理♡

このチ〇コ挿れてからまたデカくなって…もう抜けないわ♡

だから一度中でイかせて小さくしないと♡」

 

口ではそう言うが、渚のマンコもなおのチ〇ポをキツく締め上げている。

 

「イくっ…お姉さんぼく、もう…イっちゃうよぉ」

「うんっ…来てっ♡ おくっ!

一番奥でビュービューして♡

デカチンザーメンでお姉ちゃんのマンコいっぱいにしてぇ♡♡♡

あ゛っ… あ゛っ!  あ゛ あ゛ あ゛♡」

 

「んあっ! あ♡ あ♡ あああああ♡♡♡」

 

ビュルルルルっ
ドビュビュ ビュビュビュルル

 

「おね…さ……ん」

「は~~~っは~~~っ

あっ♡ ぇ? …ぁ、あはっ♡ うっうぅ♡♡」

(まっまだ出てるっなにこの勢いっ噴き出してる…!

洋モノみたいな射精マジで存在するなんてぇ…)

 

「はぁ♡ はぁ♡ …ん♡

やっと抜けそ…良かったよ弟くん…いやマジでさ♡

こんなにイッたの、人生で初めてかも♡」

(しかもまだ硬いままとか…

彼氏ならここで休憩いれるけど、この子なら何連戦もイけそう…ヤバイ…。

このチ〇ポ、ドハマりだわ♡)



セックスが終わったのを見て、なおの姉、千秋が「ったく、あんたらほんとに最後までするとか信じらんない…。デキちゃっても知らないからね」と悪態をつく。

渚はそれに便乗し「え~ヒドイよ千秋義姉ちゃん♡」とふざけると

「絶対認知しません~お姉ちゃんが許しません~」と否定するのだった。

 

雪子も、もじもじとしながらも話し出す。

「あはは…ま、まぁ一応…初体験おめでとう…になるのかな? なおくん」
(2人ともすごい…私もあんな風にイってみたいなぁ…)



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 3話 感想

感想っていっても…この3話はずっっっとヤッてるだけだからね。

まぁフィニッシュまで全部入れてくれてよかったよね。盛り上がり始めたくらいから、フィニッシュまで無駄に2話にかけて描いてくる漫画もあるから、それと比べたらまだ…良心的ではないだろうか。

2話の時点では渚も「ほらほら~~」って感じだったけど、この3話からはなお君に良いようにされてて…おねショタ的には…良いものなのかしら? 私はおねショタは特に…なんだよなぁ。

でもこの漫画はおねショタが無くても、そもそもエロいから読めるw 無理やり犯されてるわけじゃないから読後感も悪くないし。

漫画とはいえ、本人たちが楽しそうにヤってるのが読んでて楽しいんだよね。嫌々ヤってるとか、闇堕ち系はあまり好きじゃない…んだよねw

そんな人でもこれは読みやすい。3話のなお君は、おどおどしつつも性欲が盛んな子って感じだし。

渚のイキ顔とか、感じてる時の顔もすごいエロい。黒ギャルはやっぱりおっぱい出した時が映えるよね☆

→続きを見に行く!→

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? を読むならコレ!

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事