ウチの弟マジでデカいんだけど見にこない?_R

鈴林です。 ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?8話の感想とネタバレです。

待ちに待った、お姉ちゃん千秋の回! 待っていたのは私だけなんだろうか?w

千秋かわいいと思うんだよね~。なおはビッチだというけど、それにしたって見た目がかわいい。

7話もセックスしてたし8話もセックスしてたし、後半はセックス多くて買う甲斐があるよね!!w

←前回を振り返る!←

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? ネタバレ 8話 弟のチ〇コなんかでイクはずない! 姉がデカチンに屈服するまで徹底膣内出し



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

 

AVにもなってました!w

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 8話 ネタバレ

(もしかして今の僕なら…このチ〇コなら姉ちゃんだってヤれちゃうんじゃないか?

年上のお姉さんが2人も僕のチ〇コのとりこになったんだ。

僕のデカチ〇コなら姉ちゃんだって絶対…!!)

 

ビキキッ

 

そう考えると、なおのチ〇コは完全に勃起した。

「!?」

なおは勃起したチ〇コを隠しもせずに話し出す。

「なんか…姉ちゃん観てたらまた勃ってきちゃった。

ちょっと姉ちゃんのアソコ使わせてもらっていい?」

 

「はぁ!? なっなんで私が!

あの2人に抜いてもらいなよっ!」

千秋はなおに背を向けたまま、顔を赤くしている。

 

「2人ならイき疲れて僕の部屋で寝てるよ。

大丈夫…姉ちゃんもイかせてあげるから」

「…っ!!」

 

なおは千秋に了解を得ないまま、

千秋をお風呂のドアに押し付けチ〇コを入れようとする。

千秋の左足を持ち、右手で頭をドアに押し付けて千秋を動けないようにしていた。

 

ずちゅ…

 

「あれ? はじめからぐちょぐちょになってる…。

姉ちゃん僕らのエッチ見て発情してたんだ」

 

「あぐっ!

そんなわけ…ないでしょっ。

なにマジで挿れてんのバカっ! 早く抜きなって」

 

「抜けって…まだ半分も入ってないよ?」

 

無理やりセックスしようとしているにも関わらず、

幼い表情でそう返すなお。

 

しかし千秋をドアに押し付けたままだ。

 

(なおくんっ…!

いつの間にこんな力が強く!?

に、逃げられない…ってかコレで半分って…ウソでしょ!?)

 

「えいっ」

 

ずぷんっ

 

「あぐっっ!?

っ…♡♡♡」

 

なおは、子供らしい掛け声と一緒にチ〇コを全部姉の千秋に挿入する。

挿れただけで、千秋は足がガクガクしてしまっていた。

 

「っ…ちゃんと全部入ったね。

これが姉ちゃんのま〇こかぁ。他の2人よりも狭くて…その分奥まで締め付けがスゴイ。

新品のオナホみたいだ…!」

 

「あっ うぁっ」(うそ…なにこれ…)

くっ…!

弟のくせに姉のアソコの使い心地語るとか…超生意気なんですけどっ!

女抱いたくらいで調子にのるなってのっ…!

私の経験人数に比べたら…っ」

 

「ふーん、姉ちゃんってやっぱりビッチなんだね。

それなら遠慮しなくても大丈夫か。」

 

「…っ!!」

 

なおに押さえつけられているので、千秋はにらみつけることしかできない。

 

ずっちゅ ずっちゅ ぬちゅ ぬちゅ ぬぢゅ

 

本格的に腰を動かし始めるなお。

(お腹の中…えぐられるたびっ…頭の中が白くなってく…!)

「やめっ…! ひぐっ♡

っあぁ…!♡」

 

「どう? 姉ちゃん気持ちいい?

これまでのチ〇コの中で僕が一番でしょ?」

なおは姉を犯しながら余裕の表情で聞く。

 

(なにっこれぇ…!

こんなセックス知らないっ…!)

「んぐっ♡ んぅっ♡」

(で、でも、なお君をこれ以上調子に乗らせるわけにはいかない…!)

 

「はぁ~~♡

べ、別に…♡

デカけりゃいいって…っもんじゃないんだからっ

はぁ~♡

 

なお君こそ早くイっちゃいなよっ!」

 

ドクン ビュクビュク

 

「あっ♡ あっ♡

あぁぁ♡ うあっ♡ …ああ♡♡」

 

ビュブッ ビュルルルル

(~~~~~~♡

く…! この子…!

遠慮なく中で…♡

射精の勢いっ

すごくて…イかされちゃう♡♡♡♡

ヤバイ…マジで弟に中出しされちゃった…♡

射精でイかされたの…初かも♡)

 

「は~~っ♡

は~~っ♡

は~~っ♡」

(けどなんとか…隠せたかな♡)

 

「はぁ♡ はぁ♡ はぁ♡

も…もう満足したでしょ?

早く抜いて出てって…」

 

事が終わったので、千秋はなおに、やめるように促すが

なおはやめなかった。

 

そのまま千秋を床に寝かせて、正常位の状態で動き続ける。

 

ぱちゅ ぱちゅ ぱちゅ

 

「んあっ♡ なおくん!?

やっ…めなさい♡」

(やっ…足に力が入らなくて…抵抗、できないっ)

 

「い…いやだ!

姉ちゃんがイくまでやめない!!

僕だって姉ちゃんをイかせられるんだ!

僕のチ〇コで姉ちゃんを虜にしてやるんだ!!」

 

「バカ…っ 弟の虜になんて…!」

(この体勢…さっきより深く入るぅ♡

これ以上えぐられ…たらっ…

ぁ…♡

一突きごとにっイっちゃうっ♡)

 

「んひぃ♡」

(イかされちゃってるぅ♡)

プシュっ♡

 

「イった!?

姉ちゃん今イった!?」

潮を吹いたのがなおにもわかったのか、千秋に聞くが千秋はもう快楽に夢中だった。

「イ…ってぇ……なひぃ♡」

 

なおはそれを聞いて、千秋により体を密着させ動く。

千秋の胸に顔をうずめながら、深くチ〇コを出し入れさせる。

 

どちゅ どちゅ

 

「この……このぉ!!

これでもかっ」

 

「あ゛あ゛っ

あ゛っ♡

イっ…♡

イっって……な…っ♡」

 

ドクン

 

「イっけぇ…えぇぇぇっ

イ…イクっ♡

イく イく イくぅぅぅ♡」

 

(弟に…イかされちゃったぁ…♡)

 

「かはっ♡ はっ♡

はっ♡ はっ♡」

「姉ちゃん…姉ちゃん…」

 

(このチ〇コ…マジでスゴすぎ…♡)

 

イき続けているのか、繋がっている部分からは愛液が流れ落ちていた。



→ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない?を試し読み!←

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? 8話 感想

千秋エロい~~~! なんとなくの見た目でこの子が一番好き。

というかお姉ちゃんに勃つものなんだろうか? そこから疑問だけど…年も離れてるし、千秋のスタイルは良いしで関係なかったのかな。

千秋がこんな時でも「なお君」って呼んでるのが、すごくかわいく思えてしまう。レイプも同然なのに、そんな状況でも「くん」付けだなんて…! 優しい!!w

なお君も、渚や雪子に見せなかった執着…みたいなのを感じるよね。近親相姦ものが好きな人はこの回楽しいんじゃないだろうか。

千秋が「私の経験人数に比べたらっ」って言うけど…本当にそんなにたくさん経験してるのかな? って思ってしまう。こんなこと言う人って、なんだか怪しいようなw

2人で横になってからのセックスがマジエロいと思うんだよね。
渚もちょっとアヘ顔になったりしたけど、千秋のアヘ顔もう来ちゃうんだ! っていうw

我慢してるんだけども、でも気持ちいい! ってやつはいいよね。
待ってましたとばかりに、9話も千秋の回だから、楽しみにしててくれよな!

→続きを見に行く!→

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? を読むならコレ!

ウチの弟マジでデカイんだけど見にこない? は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆



おすすめの記事