姉はヤンママ授乳中 in 実家_R

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 ネタバレ 1話

鈴林です。姉はヤンママ授乳中in熱海編の1話の感想とネタバレです。

まさか続くとは…ブッコミ! で2018年のエロ漫画1位に輝いてるじゃん。みんなエロい姉貴とセックスするのに憧れるんだねw

人気のためなのか終わらずに、まさかの続編。もう倒錯した感じも少なく、正直ただただヤる感じ。色々と細かいこと考えない感じが読んでいて楽だと思うw

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 ネタバレ 1話

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 1話「海だーっ!」やってきましたリゾート旅行!姉の水着が眩しすぎ! ネタバレ

※この「in熱海編」は、姉が3人目を妊娠する前の話!

「かぁちゃんまってよぉっ!」

「待たん! アタシが一番乗りだぁぁ!! 海だぁ~~!」

 

そう言って子供を置いて海に走っていくアイカ。大きな胸に小さなビキニが目立つ。

拓也たちは日本有数のリゾート地である熱海のビーチに来ていた。

 

『姉貴…2児の母とは思えないな。体もそうだが、この海でのはしゃぎよう…』

 

何故突然に熱海に来たのかというと、数日前拓也は商店街の福引で「豪華熱海旅行券」を引き当ててしまった。

特賞の熱海旅行券。

それを手にした拓也は…浴衣姿の姉、アイカを想像してしまう。

 

姉のアイカと2人で行けたら…と思ってしまうが『ダイキたちもいるし無理だよなぁ』と1人落ち込む。

家に帰ると、アイカに「おっそ~い! なに寄り道してたのよ!」と小言を言われてしまう。

「べ、べつに…」と言って当たった旅行券を隠すようにすると、目ざといアイカはその様子から拓也が何か隠していることに気づき、旅行券を奪い取った。

 

「あ! なにそれ! なんか当たったの!? みせてみせて~!

マジ!? 熱海旅行券!? あっこれ赤ちゃんもOKだって!

でかしたタク!!」

 

そんなアイカを見て「仕方ない…。姉貴たちが行けばいいさ」と諦めながらもユウスケを抱っこする拓也。

「ねぇタク、あんたまだ夏休み中だよね?

ほらこれ! 最大7名様ご招待!!

家族みんなで行けるじゃん!」

 

アイカの言葉から、拓也・アイカ・アイカの夫の大輔・アイカの息子のダイキとユウスケ・そして拓也とアイカの両親で熱海に旅行に行くことになった。

行きの新幹線で拓也は大輔にビールを勧めるが、大輔は酒は弱いらしく「いや…俺弱いんすよ」と断られてしまう。

その会話を聞いて母がアイカに「あんたは飲んじゃダメよ」と注意する。

アイカはそれを聞いて「これノンアルだし大丈夫ですぅ~」と子供のように返事をした。

 

旅館に着いて荷物を降ろす。思っていたよりもいい部屋だった。

 

「んじゃ、さっそく海行ってきまっす! 次男よろしく!」

 

アイカは両親に次男のユウスケを頼むと浮き輪を片手に海に繰り出したのだった…。

拓也は海を眺めながら『みんな俺に感謝しろよな…』と独り言ちていると

アイカが戻ってきた。

 

「ふ~つかれたぁ~。横失礼しま~す♡」

大きな胸を揺らして拓也の隣に座るアイカ。

 

アイカの旦那の大輔とユウスケたちはまだ遊んでいるようだった。

「俺ら今2人きり…」とドキドキしだす拓也。

 

アイカはおもむろにビキニの紐を外し横になると

 

「ねぇねぇタクぅ~サンオイル塗ってぇ♡」

 

とお願いをする。

ビキニをはずしているがうつぶせになっているので、乳首は見えないが大きなおっぱいが地面に押し付けられ余計に大きく見えた。

 

「えぇ? 焼くつもりかよ…」

と言いつつもサンオイルを塗りだす拓也。

 

足の方から塗りだす。

水着はTバックになっているのか、お尻の部分は線のようになっているだけ。もう少しでマ〇コが見えてしまいそうだった。

スジのようになっているだけで興奮してくる。

 

『くそぉ…! このケツ揉みしだいて後ろからブチ込みてぇ!!』

 

「さんきゅー、あぁ、ついでに飲み物買ってきて♡」

 

サンオイルを塗った後に当然のように買い物を頼まれる。

しかしあのまま続けていたらアイカを襲いそうになっていたので、拓也には都合が良かった。まだドキドキが収まらない。

飲み物を買って戻ると、アイカはビキニを着けていたがチャラそうな男たちにナンパされていた。

 

「ねぇねぇ彼女~どこのホテル泊ってるの?」

「俺たちと遊ぼうよ~」

 

「え~どうしよっかなぁ~ あ、」

 

拓也が戻ってきたことに気づき、アイカは拓也の腕に抱き着いた。

 

「ごめーーん。こういうことなんで♪」

 

しかし男たちからすると、拓也と一緒なのが納得いかないのか「こんなナヨナヨした奴が!?」と言い出す。

 

「俺たちのが絶対にイイって!」と言ってアイカの腕を引っ張りだす男たち

『お、俺が何とかしないと…!』と思うが震えている拓也。

 

「おっお前ら俺の女に」と言ったところで、

「俺の女になに手ぇ出してんだ!? あ゛ぁ!?」

と大輔がすごい形相で割り込んできた。

 

大輔に恐れをなしたのか男たちはすぐに去って行った。

大輔もその後すぐにダイキに呼ばれ、海に戻る。

 

男たちを追い払った後、何事もなかったかのように子供と遊ぶ大輔を見て

『格が違う…!さすが姉貴の見込んだ男…!』

と納得する。

 

それに比べて何もできなかった自分…。拓也は1人落ち込んでいた。

 

その様子を見ていたアイカ。

「ねぇタク…、あっちでちょっと泳ごっか?」

アイカは拓也を誘い出す。

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 1話 感想

熱海編の1話ではまだヤらないんだよねぇ~。
というか乳首も何も出てこない。これくらいならトラブるの方がエロいのでは? くらいある。

でもこの回があってこその熱海編って感じもするし、ちゃんと流れを知りたいという人には良いのかも。

キャラを覚えるうえでも…とか?

相変わらずアイカはすごい体してる。ビキニも小さくない!?w

というか熱海にあんなナンパ野郎はいるんだろうか。それも怪しいけど、まぁ漫画だしね!

拓也がアイカにサンオイル塗る時の、あの…アソコの見え具合が結構エロいと思うのよ。
モザイクとか無いけど、線入ってるだけというかなんというか。

子持ちであんな水着着るってすごいで!

2話めからセックス始まるよ~~w

姉はヤンママ授乳中in実家 を読むならココだけ!

姉はヤンママ授乳中in実家 は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R

おすすめの記事