鈴林です。姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編2話の感想とネタバレです。

あまりにも人気があるから? 続いたこの熱海編。いよいよこの2話目からセックス開始だぜ!w

話ごとに微妙にシチュエーションというか場所も違うから各々好きなのがみつけられると良いね。

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 ネタバレ 2話

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 2話 「ねぇここでシてみない?」非日常感で脳内麻薬ドバドバ海中セッ〇ス ネタバレ

海の上…浮き輪に乗っているアイカの胸が波と一緒に揺れる。

 

「おい、姉貴…いったいどこまで行く気だよ?」

「う~ん、この辺ならいいかなー」

 

アイカと拓也は連れ立って、海水浴場からは見えづらい岩場に来ていた。アイカは浮き輪を使っていて、アイカの大きな胸がまるまる乗っている。

 

「ねぇタク…ここでシてみない?」

 

明るくそう提案しだすアイカ。

 

「え、してって……はぁ!?」 (なかなか無い拓也の目が拝めるコマ)

「一度ヤってみたかったんだよねぇ…海でア・オ・カ・ン♡」

 

浮き輪を起用に使って拓也にお尻を突き出すようにするアイカ。

Tバックの水着をずらし、拓也からアソコが丸見えだった。既に興奮しているのか息も上がり、ヒクヒクしているアソコ。

「ば、ばか! もし人に見られたら…!」

「だいじょぶだって。挿れちゃえば遠目にはカップルがいちゃついてるようにしか見えないでしょ」

 

「それはそうかもだけど…」

 

「ほら…絶対きもちーよ。

せっかくリゾートに来たんだし…」

そう言って拓也に向けたお尻を少し振るアイカ。もうトロトロに濡れていて、顔も赤くなっている。既に興奮しているようだ。

「ね♡」

 

拓也は生唾を飲み込むと、自分のチ〇ポをアイカのア〇コにあてがう。

 

クチ クチュ

 

「あ♡」

 

更に奥に入れようとアイカの腰を掴み、ググ…と押し入れる。

 

「あ゛♡ んん♡」

 

みち…

 

「あぅ♡ んっ♡ タクのチ〇ポ…すっごく熱い…」

「はっ はっ はっ あ、姉貴のナカだって…」

 

海水の冷たさとのギャップでアイカの体温をいつもより感じるようになっていた。

 

パンッ パンッ パンッ パンッ

「やっ♡ あ゛っ♡ あ゛っ♡

やっ♡ あん♡ はぁっ♡」

 

ズチュ ズチ

「やばっ これやばっ 足つかないっ

んっ♡」

 

アイカが浮き輪をつけながらのセックス。

アイカは海に浮かびながら挿入されていた。

 

ズチュ! ズプッ ズチュッ!

『姉貴が浮かんでるからオナホみたいに好き放題動かせる…!』

 

「あ゛っ♡ あっ♡ あん♡ やっ♡」

青い空、青い海、そしてアイカの白い肌、観光客の喧騒と波の音、そしてアイカの喘ぎ声
この非日常感。

スリルと開放感で拓也はとても興奮していた。

 

ズッ ズッ ぱちゅ ぱちゅっ

「んんっ♡ あ♡ んっ♡

あっ♡ あぁっ♡ あっ♡」

 

『これがリゾートセックス!! うぉぉ…!』

 

グチュっ グチュッ グチュ

パンッ パンッ パンッ

 

「あっ♡ うんっ♡ そこっ♡

あ゛-♡ イク♡ イクっ♡」

 

びゅるるるっ ドプっ ドプ…

 

「ん゛~~~っ♡

あああああタクの熱いの…

冷えた子宮に染み込んでくるぅっ…♡」

 

チ〇ポを抜くとぶるっと震えるアイカのお尻。

出した精子が少し漏れ出す。

 

2人で息が上がっているが、拓也は出してもまだ勃起が収まらなかった。

アイカのつけていた浮き輪を外し、岩にアイカを押し付けるようにして駅弁体勢を取る。

 

みちっ きゅう きゅう

「やぁぁ…♡ うそ…っ♡

タクすごいっ こんな…駅弁なんてぇっ

ん゛ぁっ♡」

 

ぐちっ ぐちっ

「ん゛ん゛…っ♡

…ねぇタク覚えてる? ンッ♡ 昔家族で海に来た時のこと…」

 

「タクまだ泳げなかったから、ねーちゃん離さないでぇ!ってしがみついてきて…

んっ♡ ふっ♡ ふっ♡

ふふっ かわいかったなぁ~」

 

「あれは姉貴が無理やり深いところまで連れ出したからだろ!?」

 

ズッ ズチ ズチュ

「ん♡ あ♡

そんなタクがこんなにたくましくなっちゃうなんてねぇ…」

 

ぐちゅっ ぐちゅっ

「水の中だしな。じゃなきゃ俺の力じゃ無理だよ。

この肉付き良いからだ支えるなんて」

「ああん!?」

 

『でも大輔さんなら余裕だろうなぁ…』

 

「んっ♡ ねぇタク…さっきはアリガト

ナンパから守ってくれて」

 

「いや…俺は何も…」

「男らしかったぞ…なんつって(笑)」

アイカの甘えた声にドキっとしてしまう拓也

「~~~~~!!」

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 2話 感想

セックスの前半戦終了って感じ。2話と3話で海中セックスって感じなんよね。

2話目は…個人的に拓也のモノローグいらない気がするんだけど、どうなんだろうw モノローグとエロシーンは分けて欲しい派。

昔話とか始めちゃうのもちょっとなぁ~~w 個人的にセックスはセックスでもっとガンガンやって欲しかったかも。

まぁ後半の話になるとガンガンヤりだすんだけどね!!

姉はヤンママ授乳中in実家 を読むならココだけ!

姉はヤンママ授乳中in実家 は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R

おすすめの記事