鈴林です。姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編6話のネタバレと感想です。

5話と比べるとずっと2人きりで進む話な気がする。熱海に旅行に行っても少しもバレる気配が無いのが見ていて安心できて嬉しいw

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 ネタバレ 6話 最終回「極楽極楽ぅ♪」絶景絶頂!姉貴と貸し切り露天混浴セッ〇ス

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 6話 最終回 ネタバレ

ちゃぷ…

「ふ~う♡ 極楽極楽ぅ♡」

 

旅行の最終日、帰宅直前まで観光を楽しもうという家族に対してタクとアイカは

「朝まで飲み明かして寝不足」という言い訳で宿にとどまることにした。

 

しかし本当の目的は、初日に果たせなかったプレイである。

 

貸し切り露天風呂の中でアイカに既に挿入しているタク。

 

「はっ はっ

貸し切り露天風呂とか超贅沢~♡

良かったの? 別料金なんでしょ?」

 

「姉貴がこの風呂が良いって言ったんじゃんか。」

「そうだっけ? あはは…」

 

(まぁ姉貴と混浴できるなら安いもんだけど…)

 

「あ♡

あ~それにしても良いもんねぇ。

たまにはこんな風にゆっくりセックスするのも~」

 

アイカの言葉よりも、タクは浮いているアイカのおっぱいに夢中だった。

(おお…巨乳ってマジで浮くんだなぁ。

人妻のおっぱいが目の前でプカプカ…すごい光景だ…)

 

アイカの乳首をくりくりと弄るタク。

 

「んっ♡ こらっ♡

いたずらすんなっての…

はっ はっ

もうっ♡ おっぱいお湯に混じっちゃうじゃん♡

あん♡

まぁ…昨日はお酒飲んじゃったし、もうこのおっぱいは全部タクが好きにしちゃっていいんだけどさぁ。」

 

「……!」

 

「ひゃんっ♡

バカッ♡ だからってそんな搾んなって♡

はっ♡ はっ♡ んはっ

あたしは牛じゃないんだからっ…♡♡」

 

タクがおっぱいを搾るようにぎゅっとしているせいで、お湯にじわぁっと染みていく。

「もうっ♡

ミルク風呂になっちゃうじゃん!」

 

(姉貴の母乳…こんな飲み方していいなんて贅沢すぎる…!)

 

「あはっ♡

あ、そうだ♪

これしてあげるよ。タクが昔好きだったマンガのやつ…♡

んっ♡」

 

アイカは自分のおっぱいの間にタクの顔を挟み、ぱふぱふしてあげる。

 

(うおおおお…っっ)

 

(姉貴の柔らかくてあたたかいおっぱいに挟まれて…

母乳の甘い匂いが湯気に混じって立ち込めて…

もう…頭が沸騰しそうだ…!)

 

おっぱいに頭を挟まれたまま、強く動き出すタク。

ザバッとお湯が揺れる。

 

「んっ♡ あぁっ♡

タクぅ♡ すごい タクの硬いの…っ♡

あっ♡ あっ♡ ん゛んっ♡

お腹の奥にグイグイ来ちゃってるぅぅ…っ♡」

 

「姉貴…姉貴ぃ…!」

 

「はっ はっ

あーーーっ♡

やっぱり好き…♡ これ大好き…っ♡

タクに貪られるみたいにされるの…♡

病みつきになっちゃってるぅぅ♡♡」

 

「ねーちゃぁん…!」

ビュルッ ビュルッ

 

「んっ♡ う゛んっ♡ ひっ♡

あ~…♡

タクの温泉より熱いの…♡ お腹の奥に染み込んでくるぅ…♡

んうう♡ はっ はっ…はー…

ちょ~ごくらく…♡

あれ? あんたちょっと鼻血出てない!?」

 

「も~ のぼせて鼻血出すなんて子供じゃないんだから…」

 

鼻血を出してしまったタクのためなのか、体勢を変え

今度はタクが風呂のへりに座り、タクのチ〇コをアイカが舐めようとしていた。

 

「うぅ…興奮しすぎた…

ちょっと涼めば止まるよ。

…それで、姉貴は何してんの?」

 

「はっ はっ

ん~ お掃除フェラ?

こうしてた方が…んっ♡

こっちに血が集まって鼻血止まるかなって♡」

 

タクのチ〇コが勃起していき…

「あ…鼻血止まった。」

「ほらね♪

じゃあせっかくだから…」

 

「っ!?」

 

ちゅぷっ ちゅぷっ

 

「あむ♡ んっ♡

まふぁ ぬいて あげる♡」

 

ぢゅっ ぢゅるる…

「んっ♡ ん゛っ♡ ふっ♡」

 

「おおお…姉貴の人妻フェラテク…!

相変わらずすげぇ…!」

(この絶景で…姉貴のエロい身体を眺めながら…

こんなフェラしてもらえるなんて…

夢なら覚めないでくれ!)

 

「ん゛っ♡ んっ♡ んんっ♡ う゛ムっ♡」

 

「う゛っ あああ…!

出る! 出るよ姉貴!」

(ねーちゃんの口で…ザーメンが金玉の底から吸い上げられるみたいだ…!)

 

ビュル… ビュルルッ

ごくんっ

「あーん♡」

 

「あ、姉貴…全部飲んじゃったんだ」

「んふ…♡ ごちそーさま♡」

 

「お掃除フェラからのゴックンなんて…

なんで今日はこんなサービス良いんだ?」

 

「うーん…

旅行に連れてきてくれたお礼かな?

また来ようね熱海♪」

 

 

こうしてタクは金玉の中身全てを姉の中に出して熱海を後にした。

そして帰宅後、アイカから「三人目の妊娠」を聞かされることになるのだった。

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R→姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編を読んでみる!←

姉はヤンママ授乳中in実家 in熱海編 6話 最終回 感想

内容としては割と短めだけど、露天風呂の中でセックスした後でのお掃除フェラもあるしプレイとしては内容は多めではないかしら。

お風呂に入りながら挿入していることもあって、結合部分がそこまでちゃんと見えるわけじゃないけど…見えてもどうせモザイクだしね!!w

タクをうらやましいなぁ…と思う人が増えそうな回ではあると思う。

一応これが熱海編の最終回…のような内容だけど、次回は番外編! まだセックスするこの2人!w

姉はヤンママ授乳中in実家 を読むならココだけ!

姉はヤンママ授乳中in実家 は、BookLive!コミック(ブッコミ!)で配信されてます。

1話がたったの86円!アプリ無しで、すぐに読めます。

毎月ボーナスポイントがあるし、毎日ログインボーナスポイントももらえるし、マジうまいっす。

携帯料金と一緒に払う設定にすると、登録も速攻済むからすごく楽。

まずは無料試し読みで気に入ったら買ってみてください☆

姉はヤンママ授乳中 in 実家_R

おすすめの記事